贅を尽くした鶏皮の串。炭火焼鳥 きち蔵

久しぶりに引くニュースをみた。

 

震災で両親を亡くした甥っ子の弔慰金や両親の保険金6800万円を着服した男に懲役6年。

 

男は飲食店を開業し、ベンツやハーレーを乗り回し、高級腕時計をつけ、鮨屋に週5回くらい行っていたという。
あげくにその甥っ子に、暴力まで振るっていた。
現在15歳というその男の子は、震災を経験し、両親を亡くしてなお、傷つかなければならない。
男は、「甥の金は自由に使って良いと思っていた」と無罪を主張していた人間のクズ。

 

6年という量刑は、軽い。 と思った。

 

 

 

さて、今日は久しぶりのきち蔵。
おつかれビール。

 

名古屋コーチン ももたたき

久しぶりのももたたき。
改めて緻密な舌触りの身質に舌鼓を打つ。

 

ささみアボカド

醤油を垂らして、軽く混ぜ合わせ、海苔と一緒にいただきます。
ついつい頼んでしまう一品。

 

サービスで供していただく和歌山の粉山椒。
香り高く、鶏の旨味を引き立たせ華やかな味わいに。

 

串はいつもの“おすすめの五串”を。

 

上から
ぼんじり、ペタ(腰の皮)、首の下の方の皮、上の方の皮、手羽先の皮

ぼんじりの甘くプリッとした食感から、下へ行くほど皮の噛み応えが変わっていく食感に感嘆。
ひとくくりに皮と言っても味わいが違うことを、この一串で堪能出来る贅沢な一本。

 

淡海地鶏のねぎま
大きく弾力のあるももは、ジューシーで淡海ならではの上品な味わい。

 

ひねのせせり

噛むほどに味わいが出るひねは、わたしのお気に入り。

 

こころ

プリッと張りのある大ぶりのこころは、申し分ない。

 

おたふく

ねっとりとした脂身の旨味は、牛ホルモンに近いものを感じる。

 

せぎも

腎臓です。
旨味が凝縮され、なんともジューシーな味わい。

 

 

やはり安定の美味しさ。

 

しかし、、

 

塩加減にムラがある日もあるけど、最近の軍配は“ぷーれ”にあがりつつある(笑)

 

 

いつもクリック

ありがとうございます。

↓  ↓  ↓

最新記事

  1. 今日は、彼と知り合いの社長と再婚したての23歳の嫁とで食事会。お店は私の希望でこ…
  2. 東京へ行ってきましたー。久しぶり。彼の仕事のお供。というのは、大義名分。&nbs…

オススメ

  1. 友達のSちゃんがここしばらく音信不通。やっとつながったと思ったら、一人でふらりと済州にいた(爆)…
  2. さーむーいぃぃー。アリエッティな寒さ。タワーマンションゆえに、風が吹けば窓か…
  3. 今年初の焼肉。肉には、ダイエットやアンチエンジングに大きなメリットがあるらしい。…
PAGE TOP