鮨処 よしかのレセプションへ。

今日は鮨処 よしかのレセプションへ。

スタイリッシュかつモダンな入口。

 

店の戸を開けると、ふわっと香る檜の匂い。
新店ならではのかぐわしさです。

店内は、和の店としては当然と言えば当然ですが、ステンが見えないよう檜で隙間なく目隠し。
背面の調理棚は、一流の店でも突板が多い中、こちらは檜の無垢板を使用。

この削りたての檜の肌触りがたまらない。
ずっとスリスリしていたいくらい。

 

さて、みなさんでシャンパンで祝杯をあげまして、アテヘ。

もっちりとして、ふわりと香る特有の香りが美味。

 

赤身

なめらかな舌触りにほど良い酸味。

 

楽しい宵は酒が進みます ♪

 

 

かわはぎ

愚問の美味しさ、肝ロール。

 

赤貝のヒモとうるいのぬた

みずみずしく爽やかな風味のうるいとコリコリとした食感のヒモとの組み合わせは、思いの外の美味しさ。
酸味が強めに仕立てた酢味噌がさらに美味しさを引き立てている。

 

焼き物は、マナガツオ。

緻密な舌触りの身質は、甘くふくらみのある味わい。

 

日本酒も進んで3合目。。

 

ここからは、にぎりを。

 

ヒラメ

 

サヨリ

 

赤身

 

 

コハダ

 

車海老

 

タコ

 

穴子

 

赤貝

 

墨イカ

 

ホッキ貝

 

ネギトロ

 

美味しかった。
こちらは穴場的な場所にありながら、新地からほど近いというところがウケるのではないでしょうか。
そういう点では、ふく吉も同じですが、ふく吉より安いところがポイントかと。

 

帰りは、ベロベロの彼に“香川”に連れていかれ、、 おでんをつまみ、

 

そして、わたしもベロンベロン、、、

ううう。

 

※鮨からコメントがないのは、酒のせいです。さーせん。

 

 

いつもクリック

ありがとうございます。

↓  ↓  ↓

最新記事

  1. 今日は、彼と知り合いの社長と再婚したての23歳の嫁とで食事会。お店は私の希望でこ…
  2. 東京へ行ってきましたー。久しぶり。彼の仕事のお供。というのは、大義名分。&nbs…

オススメ

  1. 友達のSちゃんがここしばらく音信不通。やっとつながったと思ったら、一人でふらりと済州にいた(爆)…
  2. さーむーいぃぃー。アリエッティな寒さ。タワーマンションゆえに、風が吹けば窓か…
  3. 今年初の焼肉。肉には、ダイエットやアンチエンジングに大きなメリットがあるらしい。…
PAGE TOP