養殖でじゅぅぅぶん!落ち着くふぐ屋。あじ平

一昨冬はこちらに頻繁に来過ぎて、“ふぐいらない症候群”に陥ってしまった。
なので、昨冬は2回しか行かず。。

 

しかし、こないだ久々に行ったときは、ベラボーに美味しく感じた。
だからこそ、この冬は頻度に気をつけよう(笑)

 

 

てことで、

 

 

湯引き

皮と身皮ととうとみのコラボ。

 

ぶつ切りてっさ

いつものスペシャル。

 

ひれ酒

しんしんと寒くなってきたこの頃。
ひれ酒がすこぶるうまさを増す。

 

ふぐ唐揚げ

いつものハーフ。
淡白なふぐも唐揚げにするとたちまちジューシーに。

 

白子 塩焼き

今日の白子はハズレ。
もう端っこしかなかったそう。

 

てっちり (一人前)

あごからお腹にかける部位、“べら身”をいつも多めに入れてもらいます。
アラ身とはまた異なる弾力のある食感は、通の方ならみなさん好んで食す部位。

 

ぐつぐつと十分にふぐと野菜の旨味を出汁に放出させて、、

白菜に吸わせます。

その白菜の甘美たること。 なんたることやサンタルチア。

 

雑炊

シャバシャバがわたし好み。

ポン酢を少し垂らして、ズズズーといくのがオツ。

 

 

さて、話は少し変わりますが、尼崎にもあじ平があります。
そのあじ平が曽根崎に店を出したとのことで、友達が付き合いで行ってきた。
そこの湯引きがこちら。

友達曰く、皮より白ネギのほうが多かったそうな(爆)

 

そして、てっちり。

センスがひどい(笑)

 

料金もあじ平の倍したと暴れ狂っていた。
ちなみに、福島のあじ平はその尼崎のあじ平出身。

 

本家生野のあじ平は、「うちとは別の店」と言い放ちます。

 

すこーーし、見習い程度にいたらしい(汗

 

 

最新記事

  1. 今日は、彼と知り合いの社長と再婚したての23歳の嫁とで食事会。お店は私の希望でこ…
  2. 東京へ行ってきましたー。久しぶり。彼の仕事のお供。というのは、大義名分。&nbs…

オススメ

  1. 友達のSちゃんがここしばらく音信不通。やっとつながったと思ったら、一人でふらりと済州にいた(爆)…
  2. さーむーいぃぃー。アリエッティな寒さ。タワーマンションゆえに、風が吹けば窓か…
  3. 今年初の焼肉。肉には、ダイエットやアンチエンジングに大きなメリットがあるらしい。…
PAGE TOP