珍味!“このこ”が食べたくて。すし ふく吉

わたしの好物。
トリュフ・このこ・からすみ。

 

このセリフをコンパでは言ってはいけないと、友達のSちゃんにきつく言われている(笑)

 

 

さて、久しぶりに通る老松。

 

近くには“美菜月”や“林田”、“鮨ろく”など、鮨屋がまばらにある地域。
年明けには、新たにまた一つ新店が出来ると耳にしている。

 

その中でも、こちらはアテがちょこちょこちょこちょこと出てきて、酒好きにはたまらない鮨屋。

 

先付は、鮑 数の子 海老。

 

モロコ

つる屋で腕を磨いた大将。
日本料理出身を語る一品がのっけから。
魚の流通もよくなり、京都で食す魚とばかり思っていたモロコもここ4、5年で大阪でちらほら見かけるようになった。
鮨屋でこのような淡水魚を串に刺して焼く光景を見れるのもまたオツに感じる。

 

あん肝

ねっとりと舌にとけるようになじんで消えていくなめらかさ。
酒がクイクイ進みます。

 

このこ

マイ フェイバリット このこ!

ナマコの生の卵巣です。
これを塩漬けしたものがこのわたとなり、干したものがばちことなる。

 

このこを置いている店はあまりなく、出てきてもほんの少し(笑)
こちらは、ほどよい量を供してくださるのでとても嬉しい。

 

はー… うま。

 

 

クリームチーズの味噌漬け

よくあるそれと違いもったりと濃厚。
惜しむようにちびちびとつまみ、酒を煽る(笑)

 

粕汁

粕をきれいにこした出汁は、なんともなめらかで繊細な味わい。
粕汁がこんなに上品に変貌するとは驚きです。

 

 

さて、アテだけでなく握りもなかなかのこちら。
平野出身の大将は、“多田”や“清水”の弟弟子。
そして、彼は平野でも握りを供していた腕前。

 

ということで、ハイライト。

 

ヅケ

こちらのマグロはあまり好みではないけど、今日は美味しかった(笑)

 

ウニ

濃厚な旨味と上品な甘みがバランスよく、瞬時に口の中でとろける。

 

赤貝

プリプリの歯応えと濃い旨味を噛み締める。
まさしく愚問の美味しさ。

 

 

 

あああ 酔った。
ここに来るとついつい日本酒を飲み過ぎる。

 

 

最新記事

  1. 今日は、彼と知り合いの社長と再婚したての23歳の嫁とで食事会。お店は私の希望でこ…
  2. 東京へ行ってきましたー。久しぶり。彼の仕事のお供。というのは、大義名分。&nbs…

オススメ

  1. 友達のSちゃんがここしばらく音信不通。やっとつながったと思ったら、一人でふらりと済州にいた(爆)…
  2. さーむーいぃぃー。アリエッティな寒さ。タワーマンションゆえに、風が吹けば窓か…
  3. 今年初の焼肉。肉には、ダイエットやアンチエンジングに大きなメリットがあるらしい。…
PAGE TOP