さすが名物!!ごて焼きともつ鍋。竹珍(ちんちく)

今日は日中、ヒマにヒマを持て余していたので、木嶋佳苗の拘置所日記を読みふけって一日が終わった(笑)

 

拘置所で使ってるタオルは今治タオルでー、来ているダウンはモンクレー。
ウケる(笑)
あげくに下着は刺繍もりもりレースの“セクシーランジェリー”。

 

さらには獄中結婚までしてしまうんだから、あっぱれとしか言いようがない。

 

 

そんな話を彼にえっさほいさとしているわたし。

 

場所は女子をほとんど見たことがないオッサンの巣窟というべき居酒屋。

img_6774

 

さて、食べるべきは名物ののごて焼き。

img_6776

ごて焼きとは鹿児島の郷土料理。
鹿児島では「足」のことを“ごて”というのだそう。
家庭によってその味はさまざまなのでしょうが、こちらのごて焼きは表面を炙り焼き。それゆえ中はレアで、とてもジューシー。

img_6775

この燻製のような味と香りがたまりません。
宮崎地鶏の炭火焼が嫌いな彼もこれには大絶賛。
定期的に食べたくなる味わいです。

 

そして、こちらももうひとつの名物、もつ鍋。

img_6778

なんと一人前680円(笑)

img_6777

ニラとキャベツともつが基本の具材。
それらにえのきや豆腐やもやしをお好みでトッピング。
わたしは始めはトッピングなしでいただく方式。

 

まずは出汁を味わいたいので。

 

この鍋の出汁がこれまたチョー美味しいのだ。

 

ニンニクがしこたま効いている。
が、しかし蟻月のようなエグいキツさはない。
澄んだ黄金色の出汁に右ストレートのニンニクの味わい、という感じ(笑)

 

もつも脂ブリブリというものではないところが、またいい。

 

 

 

さ、トッピングは何にしようー♪

 

 

最新記事

  1. 今日は、彼と知り合いの社長と再婚したての23歳の嫁とで食事会。お店は私の希望でこ…
  2. 東京へ行ってきましたー。久しぶり。彼の仕事のお供。というのは、大義名分。&nbs…

オススメ

  1. 友達のSちゃんがここしばらく音信不通。やっとつながったと思ったら、一人でふらりと済州にいた(爆)…
  2. さーむーいぃぃー。アリエッティな寒さ。タワーマンションゆえに、風が吹けば窓か…
  3. 今年初の焼肉。肉には、ダイエットやアンチエンジングに大きなメリットがあるらしい。…
PAGE TOP